コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村 鴈治郎(2代目) ナカムラ ガンジロウ

2件 の用語解説(中村 鴈治郎(2代目)の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

中村 鴈治郎(2代目)
ナカムラ ガンジロウ

明治〜昭和期の歌舞伎俳優



生年
明治35(1902)年2月17日

没年
昭和58(1983)年4月13日

出生地
大阪府大阪市南区玉屋町

本名
林 好雄(ハヤシ ヨシオ)

別名
初名=中村 扇雀(1代目),前名=中村 翫雀(4代目)

屋号
成駒屋

主な受賞名〔年〕
ブルーリボン賞助演男優賞(昭33年度)「炎上」「鰯雲」,毎日映画コンクール男優助演賞(昭33年度),名古屋演劇ペンクラブ年間賞〔昭和41年・47年〕,上方芸能人顕彰〔昭和42年〕,紫綬褒章〔昭和43年〕,日本芸術院賞〔昭和44年〕,大阪芸術賞〔昭和47年〕,勲三等瑞宝章〔昭和49年〕,文化功労者〔昭和55年〕

経歴
初代鴈治郎の次男として大阪に生まれ、明治39年4歳のとき本名で初舞台。43年8歳で初代扇雀を名乗ったあと、子供芝居や青年歌舞伎の座頭をしながら上方歌舞伎の芸を磨き、昭和16年に4代目翫雀、22年には2代目鴈治郎を襲名した。以後、上方歌舞伎の代表的俳優として、とくに立女形では大御所的存在として数々の名演を披露した。なかでも長男・2代目扇雀とのコンビによる「曽根崎心中」は上演600回以上を記録する当たり芸となった。しかし関西歌舞伎の状況に失望して30年廃業を宣言、以後10年間は松竹を離れ、映画俳優として「大阪物語」「炎上」「鍵」「浮草」「小早川家の秋」などに出演し名演技をみせる。40年歌舞伎の舞台に返り咲く。晩年は老役にも名演技をみせた。他の当たり役に「河庄」の治兵衛、「酒屋」のお園など。42年に人間国宝、55年文化功労者。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

中村 鴈治郎(2代目)
ナカムラ ガンジロウ


職業
歌舞伎俳優

肩書
重要無形文化財保持者(歌舞伎立役)〔昭和42年〕,日本芸術院会員〔昭和47年〕

本名
林 好雄(ハヤシ ヨシオ)

別名
初名=中村 扇雀(初代),前名=中村 翫雀(4代目)

屋号
成駒屋

生年月日
明治35年 2月17日

出生地
大阪府 大阪市南区玉屋町

経歴
初代中村鴈治郎の二男として大阪に生まれ、明治39年4歳のとき中村好雄の名で初舞台。43年8歳で初代扇雀を名乗ったあと、子供芝居や青年歌舞伎の座頭をしながら上方歌舞伎の芸を磨き、昭和16年に4代目翫雀、22年には2代目鴈治郎を襲名した。以後、上方歌舞伎の代表的俳優として、とくに立女形では大御所的存在として数々の名演を披露した。なかでも長男・2代目扇雀とのコンビによる「曽根崎心中」(徳兵衛役)は上演600回以上を記録する当たり芸となった。しかし関西歌舞伎の状況に失望して30年無期休演を宣言、以後10年間は松竹を離れ、映画俳優として活躍。吉村公三郎監督「大阪物語」、市川崑監督「炎上」「鍵」、成瀬巳喜男監督「鰯雲」、小津安二郎監督「浮草」「小早川家の秋」、黒沢明監督「どん底」など約100本の映画に出演し、名演技をみせる。40年歌舞伎の舞台に返り咲く。晩年は老役にも名演技をみせた。他の当たり役に「心中天網島」の紙屋治兵衛、「恋飛脚大和往来」の忠兵衛、「仮名手本忠臣蔵」の大星由良助、「伊勢音頭恋寝刃」の福岡貢、「伊賀越道中双六」の呉服屋十兵衛など。42年人間国宝、55年文化功労者。著書に「役者馬鹿」がある。

受賞
日本芸術院賞(第26回 昭44年度)〔昭和45年〕,文化功労者〔昭和55年〕 紫綬褒章〔昭和43年〕,勲三等瑞宝章〔昭和49年〕 ブルーリボン賞助演男優賞(昭33年度)「炎上」「鰯雲」,名古屋演劇ペンクラブ年間賞〔昭和41年・47年〕,上方芸能人顕彰〔昭和42年〕,大阪芸術賞〔昭和47年〕 毎日映画コンクール男優助演賞(昭33年度)「炎上」「鰯雲」

没年月日
昭和58年 4月13日 (1983年)

家族
父=中村 鴈治郎(初代),長男=坂田 藤十郎(3代目中村鴈治郎),長女=中村 玉緒(女優),妹=中村 芳子(女優),孫=中村 翫雀(5代目),中村 扇雀(3代目),奥村 真粧美(女優),鴈 竜太郎(俳優),若山 騎一郎(俳優)

伝記
最期の台詞―演劇人に学ぶ死の作法終幕の思想―演劇人の死上方歌舞伎 北川 登園 著北川 登園 著水落 潔 著(発行元 STUDIO CELLO白水社東京書籍 ’07’93’90発行)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone