コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中条[町] なかじょう

百科事典マイペディアの解説

中条[町]【なかじょう】

新潟県北部,北蒲原(きたかんばら)郡の旧町。越後平野北部,胎内川沖積地を占め日本海に面する。主集落は江戸以降,米沢街道の宿場町,市場町として発達,羽越(うえつ)本線が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかじょう【中条[町]】

新潟県北部,北蒲原(きたかんばら)郡の町。人口2万8296(1995)。越後平野北部にあり,胎内川下流の扇状地と蒲原砂丘,背後の櫛形山脈からなる。平安時代に城氏によって開発され,中世に和田氏(のち中条氏)が地頭をつとめた奥山荘の中心地で,近世には村上藩領に属し,米沢街道の宿場町,市場町として栄えた。1956年砂丘地帯に日本最大級の天然ガス田が開発され,60年には天然ガスを原料とする化学コンビナート工場が誘致されて,一躍工業都市となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone