コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中東とキリスト教

1件 の用語解説(中東とキリスト教の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中東とキリスト教

イエス・キリストは現在のパレスチナ自治区ベツレヘムで生まれた。その死後、紀元1世紀にキリスト教は誕生したとされる。7世紀にアラビア半島で生まれて拡大したイスラム教は、その支配を認める限り、キリスト教徒の生命や財産を保護した。このため中東には、初期に分派した様々なキリスト教諸派が残る。

(2010-10-22 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone