コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中東・北アフリカ経済会議 ちゅうとう・きたアフリカけいざいかいぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中東・北アフリカ経済会議
ちゅうとう・きたアフリカけいざいかいぎ

中東和平会議の進展に伴って,中東および北アフリカ諸国の安定と経済的発展を目的として開かれている首脳会議。 1994年モロッコのカサブランカで第1回会議が開かれて以降毎年開催され,中東・北アフリカ開発銀行構想や中東・北アフリカ経済共同体構想に関する協議が重ねられてきた。しかし,イスラエルにネタニエフ政権が誕生したことで,中東和平自体が行き詰まりをみせ,96年の開催も危ぶまれたが,これまでの「経済サミット」から閣僚級を代表とする「経済会議」に格下げした形で開かれ,今後とも「経済会議」として開催されることになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

中東・北アフリカ経済会議の関連キーワード中東和平会議

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android