コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中枢性 ちゅうすうせい

大辞林 第三版の解説

ちゅうすうせい【中枢性】

末梢性に対する語。神経系では脳や脊髄、循環器系では心臓に関連することがらをいう。 「 -麻痺まひ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中枢性の関連キーワードゲルハルト‐セーモンの法則下垂体性ADH分泌異常症チアノーゼのいろいろ酢酸デスモプレシン睡眠時無呼吸症候群睡眠ポリグラフ検査スポロトリコージスクロルゾキサゾンメプロバメートめまい(医学)骨格筋弛緩剤東京一極集中アシドーシス顔面神経麻痺スルピリン呼吸興奮薬腎性尿崩症中心性疼痛難治性疼痛眼球振盪

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中枢性の関連情報