コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中森梅路

1件 の用語解説(中森梅路の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

中森梅路

俳人。神風館五世。乙由に学び会北に次いで神風館五世を継ぐ。魚商を営んでいたが文雅の才あり、伊勢音頭の作者として知られる。延享3年凉袋は伊勢に梅路を尋ねて入門して以来、伊勢風に傾倒し、又崇敬した事は「俳仙窟」でうかがわれる。著書に『南仙録』がある。延享4年(1747)歿。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中森梅路の関連キーワード岩田凉菟中川乙由松田亀玉喜多道矩幾暁庵雲蝶伊勢派乙由次いで相次いで日次いで

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone