中森梅路

美術人名辞典の解説

中森梅路

俳人。神風館五世。乙由に学び会北に次いで神風館五世を継ぐ。魚商を営んでいたが文雅の才あり、伊勢音頭の作者として知られる。延享3年凉袋は伊勢に梅路を尋ねて入門して以来、伊勢風に傾倒し、又崇敬した事は「俳仙窟」でうかがわれる。著書に『南仙録』がある。延享4年(1747)歿。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android