コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中標津[町] なかしべつ

2件 の用語解説(中標津[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

中標津[町]【なかしべつ】

北海道東部,標津郡の町。酪農を基幹産業とし,農産加工も行う。中標津空港は,札幌,東京に直行便が就航し,道東観光の基点となっている。養老牛温泉がある。684.87km2

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なかしべつ【中標津[町]】

北海道東部,根室支庁標津郡の町。人口2万2326(1995)。根釧(こんせん)台地の北端にあり,北西部は知床火山群の標津岳,武佐(むさ)岳などの斜面を占める。標津線転換のバス路線が中標津で東の標津町へ向かう線と南の厚床(あつとこ)へ向かう線に分岐する。台地面の開拓は明治末期からすすみ,広大な畑地となったが,1931‐32年の冷害などを機に酪農へ転換,第2次大戦後の草地改良事業により乳牛飼育頭数も増加した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中標津[町]の関連キーワード落石岬温根沼根室支庁根室本線根室湾北海道東方沖地震網走釧路根室

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone