コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中津江[村] なかつえ

世界大百科事典 第2版の解説

なかつえ【中津江[村]】

大分県南西部,日田(ひた)郡の村。人口1360(1995)。県の最西端に位置し,周囲を渡神(とがみ)岳(1150m),三国山(994m),酒呑童子(しゆてんどうじ)山(1181m)などに囲まれた山岳地帯で,中央を鯛生(たいお)川が東流し,村の東端で筑後川水系の津江川に合流する。集落は津江川とその支流沿いに散在し,鯛生川沿いに国道442号線,村域東端を熊本へ向かう387号線が通る。西部の鯛生金山は1972年の閉山まで日本有数の金山であったが,83年より九州初の地底博物館として金鉱脈,採掘跡などを復元し,公開している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android