コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中皮腫と胸膜プラーク

1件 の用語解説(中皮腫と胸膜プラークの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中皮腫と胸膜プラーク

中皮腫は石綿肺などとともに、石綿の吸引に起因する特有の疾病の一つで、肺を包む胸膜などにできるがん。低濃度の吸い込みでも発症するため、石綿関連の職業歴のない住民被害も多くみられる。潜伏期間は40年前後と長い。国は06年に石綿の製造・使用を原則全面禁止したが、以前に吸い込んだ粉じんにより数十年後に発病する恐れがある。胸膜プラークは石綿を吸い込むことで胸膜が厚く、硬くなる症状。それ自体に治療の必要はないが、中皮腫などを発症する危険性が高くなるとされる。

(2014-04-15 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone