コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中盤の事情と控え選手の可能性

1件 の用語解説(中盤の事情と控え選手の可能性の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中盤の事情と控え選手の可能性

ザッケローニ監督は、DF4人、ボランチ2人、攻撃的MF3人、FW1人の布陣を中心に戦ってきた。攻撃的MF3人は右に岡崎、左に香川、中央に本田がレギュラー。清武、斎藤(横浜マ)、大久保(川崎)が出場機会をうかがう形だ。レギュラーの3人の座は堅いように見えるが、ほかの試合と違ってW杯本大会はチームの集合から初戦まで3週間以上ある。チームを練り上げていくうちに、違う選択が浮上する可能性は十分にある。90年W杯イタリア大会で得点王になったイタリアのスキラッチ(元磐田)は、不振の中心選手に代わってチームを3位に導いた。10年W杯南ア大会では本田がワントップに起用され2得点。シンデレラボーイの例は数多い。

(2014-05-15 朝日新聞 朝刊 スポーツ1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中盤の事情と控え選手の可能性の関連キーワードジボラン雑件ボランチブローニーけろけろけろっぴフェリーニのアマルコルドマスケローニの定数ピケローラーマッケロー,R.ダブルボランチ

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中盤の事情と控え選手の可能性の関連情報