コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中臣正蔭 なかとみ おおかげ

美術人名辞典の解説

中臣正蔭

出雲杵築社家。通称典膳・幼名徳之助・歌名春定・正蔭他、国学者名秀居・扶桑園、俳諧名半源者六村、狂歌名残月庵樹女磨他。正蔭父の業を助ける傍ら書を離さず、遂に狂歌・狂句・和歌・俳諧・活花・弓術等に通じ時の三十六芸に達せりと云う。千家俊信、香川景樹門人。文久3年(1863)歿、60才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android