コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中部臨空都市

1件 の用語解説(中部臨空都市の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中部臨空都市

県が中部空港島と対岸部の計230ヘクタールを埋め立てて造成した。157ヘクタールを分譲し、次世代産業などを誘致して、空港を補完する街に育てる構想を掲げる。現在、83ヘクタールに36社が進出する。「まちづくり協議会」には、空港会社や県、常滑商工会議所などもオブザーバーとして参加している。

(2015-03-02 朝日新聞 朝刊 名古屋・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中部臨空都市の関連キーワード拠点空港大阪国際空港秋田空港釧路空港中部空港山口宇部空港県営名古屋空港中部空港と県営名古屋空港の定期路線一元化問題定期路線一元化問題中部空港の国内線利用者

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中部臨空都市の関連情報