コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中野 冨美 ナカノ フミ

20世紀日本人名事典の解説

中野 冨美
ナカノ フミ

大正・昭和期の教育者



生年
明治16(1883)年3月8日

没年
昭和41(1966)年2月18日

出生地
滋賀県草津市

旧姓(旧名)
石田

別名
初名=文

学歴〔年〕
東京裁縫女学校卒

主な受賞名〔年〕
藍綬褒章〔昭和18年〕,勲四等瑞宝章〔昭和40年〕

経歴
京都の裁縫塾や東京の三越百貨店で裁縫を修業し、のち東京裁縫女学校を卒業。結婚して家庭に入るが、間もなく夫と死別し、大正7年滋賀県大津市に松村裁縫速進教授所を開いた。はじめは7人であった生徒も徐々に増加し、それに伴って学校の規模も拡大。昭和6年には小学校裁縫教員養成課程を開設し、19年には学校組織を財団法人純美礼学園に改めた。その間、教育功労者として藍綬褒章を受章。同校は戦後、私立滋賀女子高となり、現在に至っている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android