コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中野の土人形

1件 の用語解説(中野の土人形の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中野の土人形

良質の粘土がとれる中野市では、家族の無病息災と子どもの成長を願った「土人形」が特産品になっていて、地元では「土びな」と呼ばれ親しまれている。市内には江戸時代から続く「中野人形」(伏見系)と明治時代からの「立ケ花人形」(三河系)があり、一つの自治体で複数の系統が伝わるのは中野だけという。市内の「日本土人形資料館」は、全国の2千個の土人形を所蔵している。

(2007-11-19 朝日新聞 朝刊 長野東北信 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中野の土人形の関連キーワード蛙目粘土磁器トレイル中野市蕎麦処無病採算がとれるメガトレンド泥球厩(うまや)猿

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone