コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間ライン

1件 の用語解説(中間ラインの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中間ライン

国際法上、領海は領土の沿岸から12カイリ(約22キロ)だが、北方領土は日ロが互いに領有権を主張して領海が重なることから、52年に道と海上保安庁が、旧ソ連に拿捕されず漁民が安全に操業できる範囲として、北海道沿岸と北方領土の中間にラインを引いた。「操業自粛ライン」とも呼ぶ。地元漁民には「もともと自分たちの海」という意識も強く、中間ラインを越え操業する実情もある。戦後、拿捕された漁民は昭和30年代を中心に延べ9466人。民間協定政府間協定により、貝殻島コンブ漁やスケトウダラなど海産物の種類によっては中間ラインを越えて操業できる。

(2006-10-04 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中間ラインの関連キーワード戦時国際法追跡権独立国領海領土沿岸海河海は細流を択ばず素封兵力特定水域

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone