中馬 庚(読み)チュウマン カナエ

20世紀日本人名事典の解説

中馬 庚
チュウマン カナエ

明治〜昭和期の野球選手



生年
慶応3年2月9日(1867年)

没年
昭和7(1932)年3月21日

出生地
鹿児島県

学歴〔年〕
東京帝大文学部〔明治30年〕卒

経歴
明治23年第一高等中学校(一高)で野球選手となり、名二塁手として一高野球の全盛期をつくる。東大に進んだあともコーチ、監督として後輩を指導した。大学在学中の27年「第一高等学校野球部史」を著し、この中で“ベースボール”に対し“野球”、“ローンテニス”に対し、“庭球”の訳語を初めてあてた。30年日本初の野球専門書である「野球」を著し、技術やルールを紹介した。教育者としても知られ、各地で中学校校長を歴任。昭和45年野球体育博物館で特別表彰され、野球殿堂入りした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

中馬 庚 (ちゅうまん かなえ)

生年月日:1867年2月9日
明治時代の野球選手
1932年没

中馬 庚 (ちゅうま かのえ)

生年月日:1870年2月9日
明治時代;大正時代の野球選手
1932年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中馬 庚の関連情報