コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

串刺し・串刺 くしざし

大辞林 第三版の解説

くしざし【串刺し・串刺】

串に刺し通すこと。また、刺し通したもの。
串で貫くようにして、刺し殺すこと。 「槍で-にする」
戦国時代の刑罰の一。先をとがらせた鉄または木の棒で刺し殺すもの。
江戸時代の刑罰の一。釘で首を刺してさらし首にすること。梟首きようしゆ。獄門。
古代社会のタブーの一種。他人の田に自分の札などをさして、その田を領有すること。 「秋は-し、馬伏す/日本書紀 神代上訓

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

串刺し・串刺の関連キーワード日本書紀刑罰

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android