コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸刈り校則

1件 の用語解説(丸刈り校則の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

丸刈り校則

丸刈りは1894年開戦の日清戦争当時、軍人の間で広まったのが起源とされ、軍事教練で学校にも浸透。校内暴力が頻発した70年代後半、男子は丸刈りと定めた学校が増えた。80年代半ばの調査では全国の公立中の3分の1に丸刈り校則があったが、93年に当時の赤松良子文相が「見るとぞっとする。戦争中、兵隊さんがしていたのを思い出すからだ」と発言。これを機に廃止する学校が相次いだ。

(2008-03-15 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丸刈り校則の関連キーワード比志島義輝大本営日清戦争御前会議眠れる獅子丸刈楠内友次郎藤村道生山崎羔三郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丸刈り校則の関連情報