丸山 工作(読み)マルヤマ コウサク

20世紀日本人名事典の解説

丸山 工作
マルヤマ コウサク

昭和・平成期の生化学者 大学入試センター理事長;千葉大学名誉教授。



生年
昭和5(1930)年6月16日

没年
平成15(2003)年11月19日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京大学理学部動物学科〔昭和28年〕卒

学位〔年〕
理学博士〔昭和33年〕

主な受賞名〔年〕
日本生化学会奨励賞〔昭和41年〕「筋肉のβ‐アクチニンの研究」,日本動物学会賞〔昭和46年〕「筋構造タンパク質の研究」,松永賞〔昭和49年〕「筋調節タンパク質の研究」,朝日賞〔平成7年〕「筋弾性タンパク質の発見」,紫綬褒章〔平成8年〕

経歴
昭和31年東京大学教養学部助手、37年理学部助手、40年教養学部助教授。47年京都大学理学部教授を経て、52年千葉大学理学部教授。平成6年学長に就任。10年全国に先駆けて飛び入学を導入。同年7月退官、11年大学入試センター所長。13年4月省庁再編に伴い、独立行政法人・大学入試センター理事長。生物の筋たんぱく質の機能・構造特性の研究に取り組み、昭和51年たんぱく質・コネクチンを発見するなど筋収縮の基本原理を解明した。また科学者の伝記など一般向けの科学書も多い。第15期日本学術会議会員。57〜61年朝日新聞書評委員を務めた。著書に「新インスリン物語」「生化学をつくった人々」「筋肉はなぜ動く」、共著に「細胞の運動」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android