丸木 位里(読み)マルキ イリ

20世紀日本人名事典の解説

丸木 位里
マルキ イリ

昭和・平成期の日本画家



生年
明治34(1901)年6月20日

没年
平成7(1995)年10月19日

出生地
広島県安佐郡安佐町(現・広島市安佐北区)

主な受賞名〔年〕
国際平和文化賞〔昭和27年〕「原爆の図」,日本国際美術展優秀賞(第6回)〔昭和36年〕「臥龍梅」,反ファッシズムトリエンナーレ国際具象展大賞(第3回)〔昭和54年〕,小学館絵画賞(第32回)〔昭和58年〕「みなまた海のこえ」,バチェルダー賞〔昭和58年〕「ひろしまのピカ」,講談社出版文化賞(絵本賞)〔昭和60年〕「おきなわ島のこえ」,マサチューセッツ芸術大学名誉博士号〔昭和63年〕,朝日賞(平7年度)〔平成8年〕

経歴
大正8年大阪の精華美術学院で日本画を学び、12年に上京して田中頼璋に師事。画壇では独自の日本画の前衛を自負。昭和14年シュールリアリスム集団・美術文化協会創立と同時に加入。16年洋画家の赤松俊子と結婚。20年8月広島の原爆で4人の親族を失い、以来、反戦の祈りを込めて夫妻で「原爆の図」「南京大虐殺の図」「アウシュビッツの図」「水俣の図」などを描き続けた。「原爆の図」は世界24ケ国で巡回展示され、27年国際平和文化賞を受けた。41年埼玉県東松山市に移り住み、42年自宅隣に“原爆の図丸木美術館”を開設。57年「原爆の図第15部・長崎」を完成させた。平成元年福島第二原発事故以降、電力料金の24%(原発分)不払いを続けた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

丸木 位里 (まるき いり)

生年月日:1901年6月20日
昭和時代;平成時代の日本画家
1995年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丸木 位里の関連情報