丹波市(読み)たんばいち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丹波市(奈良県)
たんばいち

奈良県中北部、天理市の中心地区。旧丹波市町。布留(ふる)川扇状地の末端部を占める。江戸時代は市場町、また上(かみ)街道の宿場町であった。市街地北東部に天理教本部がある。旧国鉄の丹波市駅があったが、1963年(昭和38)に天理市駅と改称、1965年には路線が変更され、近鉄天理駅と統合された天理駅(天理総合駅)が数百メートル北西に完成し、天理市駅は廃止された。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

丹波市の関連情報