丹羽 七郎(読み)ニワ シチロウ

20世紀日本人名事典の解説

丹羽 七郎
ニワ シチロウ

大正・昭和期の官僚 内務次官。



生年
明治18(1885)年3月31日

没年
昭和10(1935)年7月7日

出身地
福島県

学歴〔年〕
東北帝大農学部〔明治43年〕卒,京都帝大法科大学政治学科〔大正3年〕卒

経歴
大正2年文官高等試験に合格、3年京都帝大法科大学政治科を卒業。内務省に入り、内務書記官、土木局港湾課長、明治神宮造営局書記官、鉄道書記官、復興局書記官などを歴任。昭和4年岩手県知事、のち埼玉県知事、内務省土木局長、6年社会局長官を経て、9年内務次官に就任した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android