コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乃山独麟

1件 の用語解説(乃山独麟の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

乃山独麟

江戸時代の臨済宗の僧。幼少の時江戸に行き、業を東禅寺萬菴に受ける。晩年摂津に赴き、芥川弘徳寺住持となる。文才があったといわれる。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乃山独麟の関連キーワード正韵淡海昌敬大順宗慎宙外玄杲春沢宗晃文室宗周万輝宗旭活山玄旭広叔元運済家

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone