コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久世久宝

美術人名辞典の解説

久世久宝

初代は、仁浴と称し、大田垣蓮月と交友深く作陶を趣味とする。裏千家圓能斎よりその技量を認められ、久宝の号を受け代々襲名する。京焼の手法を駆使した茶陶を作る。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報