久保 伊津男(読み)クボ イツオ

20世紀日本人名事典の解説

久保 伊津男
クボ イツオ

昭和期の動物学者



生年
明治42(1909)年3月16日

没年
昭和43(1968)年4月10日

出生地
鹿児島県

別名
俳号=泡子

学歴〔年〕
農林省水産講習所本科養殖科〔昭和9年〕卒

学位〔年〕
理学博士〔昭和20年〕

主な受賞名〔年〕
日本水産学会賞〔昭和30年〕

経歴
水産講習所教授を経て東京水産大学教授となった。中央漁業調整審議会委員。水産動物資源学、特にクルマエビの権威で、学位を得た「本邦及ビ其ノ近海車蝦科蝦類ノ研究」など論文150編(新属6、新種約60を記載)、著書に「原色動物大図鑑」(共著)、「新日本動物図鑑」(共著)、「水産資源学」「水産資源各論(正続)」「応用動物事典」(共著)などがある。雑誌、新聞、ラジオ、テレビでも活躍した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android