久保 虎三(読み)クボ トラゾウ

20世紀日本人名事典の解説

久保 虎三
クボ トラゾウ

明治〜昭和期の教育家 奈良県立自彊学院院長。



生年
慶応3年12月9日(1868年)

没年
昭和4(1929)年5月14日

出身地
大和国(奈良県)

学歴〔年〕
堺師範卒

経歴
郷里の奈良県都介野村(都祁村)実業補習学校長などを務める。明治41年同村内の自宅に感化教育のための自彊館を開設。昭和4年奈良県立自彊学院の院長となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android