コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保田九品太

美術人名辞典の解説

久保田九品太

俳人。本名次郎吉。別号桂川。幼にして父を失い苦学して卒業後帝国通信社に入る。後大阪支社に転じてより句作多く、堺市土曜会・住吉水曜会に入る。又春夏秋冬同人となる。大正12年編輯局長として本社へ轉ずる。又カルタの名人でもあった。歿後の句集に『水仙の芽』がある。大正15年(1925)歿、四五才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

久保田九品太の関連キーワード俳人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android