コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久留米空襲

1件 の用語解説(久留米空襲の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

久留米空襲

日本の敗戦の4日前、1945年8月11日午前10時20分ごろ、米軍機の編隊が久留米市中心街に焼夷弾を投下した。当時の市街地の約7割が焼かれ、約2万人が被災、200人以上が死亡した。69年後の今年4、5月には、久留米市六ツ門町の「久留米シティプラザ」工事現場の土中から、焼夷弾の不発弾が2度にわたって見つかった。住民に避難が呼びかけられ、自衛隊が処理した。

(2014-08-12 朝日新聞 朝刊 筑後 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久留米空襲の関連キーワードエルセラック金九清議報ドゥーマバオ・ダイ(保大)ネット調査の方法日本の台湾統治植田謙吉満洲日日新聞ミュレーの敗戦

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

久留米空襲の関連情報