久米 秀治(読み)クメ シュウジ

20世紀日本人名事典の解説

久米 秀治
クメ シュウジ

明治・大正期の小説家



生年
明治20(1887)年4月1日

没年
大正14(1925)年1月1日

出生地
神奈川県横浜

学歴〔年〕
慶応義塾大学文学部哲学科〔大正3年〕卒

経歴
在学中の明治44年12月の「三田文学」に処女作「灯」を発表。「三田文学」「スバル」などに永井荷風の影響を受けた浪漫的作品を書いた。大学卒業後帝国劇場に入り、有楽座主事となり、劇場経営に従事。久保田万太郎ら執筆の「久米秀治追悼録」(三田文学)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android