久米 良作(読み)クメ リョウサク

20世紀日本人名事典の解説

久米 良作
クメ リョウサク

明治〜昭和期の実業家 東京瓦斯社長;日本鉄道会社副社長。



生年
慶応4年7月20日(1868年)

没年
昭和9(1934)年2月9日

出生地
武蔵国児玉郡児玉(埼玉県)

学歴〔年〕
東京法学院(現・中央大学)〔明治24年〕卒

経歴
上京して慶応義塾に学び、のち東京法学院に入り、明治24年卒業して父の業を助ける傍ら、田桑会社を興した。30年日本鉄道会社取締役、31年理事委員となり東北本線高崎線常磐線などの鉄道路線の拡張に尽くす。39年副社長となり国有鉄道への移管手続きに当たる。のち東京瓦斯に転じ常務となり、43年副社長、大正3年社長に就任。傍ら朝鮮瓦斯・日本製粉・東京モスリン・久米同族・帝国火薬工業・平和海上火災保険・北海道瓦斯・国際信託・三河鉄道・東京回漕などの社長・取締役・監査役を兼ねた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android