久邇宮 邦彦(読み)クニノミヤ クニヨシ

20世紀日本人名事典の解説

久邇宮 邦彦
クニノミヤ クニヨシ

明治〜昭和期の皇族,陸軍大将 久邇宮第2代;久邇宮朝彦親王第三男子。



生年
明治6年7月23日(1873年)

没年
昭和4(1929)年1月27日

出生地
京都府

別名
幼名=世志宮(ヨシノミヤ),別称=邦彦王(クニヨシオウ)

学歴〔年〕
陸士〔明治29年〕卒,陸大〔明治35年〕卒

経歴
久邇宮朝彦親王の第三男子。兄・賀陽宮邦憲王が病弱なため、明治20年久邇家を継承。皇族として初めて陸士、陸大を卒業。以後陸軍に所属、日露戦争出征、旅団長、師団長を歴任し、大正12年大将に進み、薨去の際し元帥府に列せられた。明治32年島津忠義公の第七女・俔子(ちかこ)姫と結婚。三王子、三王女をもうけられ、第一王女良子女王は昭和天皇の皇后になられた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

久邇宮 邦彦 (くにのみや くによし)

生年月日:1873年7月23日
明治時代-昭和時代の皇族;陸軍大将
1929年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android