コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久邇宮 邦彦 クニノミヤ クニヨシ

20世紀日本人名事典の解説

久邇宮 邦彦
クニノミヤ クニヨシ

明治〜昭和期の皇族,陸軍大将 久邇宮第2代;久邇宮朝彦親王第三男子。



生年
明治6年7月23日(1873年)

没年
昭和4(1929)年1月27日

出生地
京都府

別名
幼名=世志宮(ヨシノミヤ),別称=邦彦王(クニヨシオウ)

学歴〔年〕
陸士〔明治29年〕卒,陸大〔明治35年〕卒

経歴
久邇宮朝彦親王の第三男子。兄・賀陽宮邦憲王が病弱なため、明治20年久邇家を継承。皇族として初めて陸士、陸大を卒業。以後陸軍に所属、日露戦争出征、旅団長、師団長を歴任し、大正12年大将に進み、薨去の際し元帥府に列せられた。明治32年島津忠義公の第七女・俔子(ちかこ)姫と結婚。三王子、三王女をもうけられ、第一王女良子女王は昭和天皇の皇后になられた。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

久邇宮 邦彦の関連情報