コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乎己止点・乎古止点 をことてん

大辞林 第三版の解説

をことてん【乎己止点・乎古止点】

〔博士家点の右上の点が「を」、その下の点が「こと」を表したことから〕
漢文を日本語として読み下す際に、活用語尾・助動詞・助詞・補読の語などを示すため、漢字の四隅・四周・字面などに書き込まれた「・」「、」「‐」などの符号。平安時代初期に興って発達し、室町時代頃まで行われた。流派により種々の形式があった。ヲコト点。てには点。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android