コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乗り地・乗地 のりじ

大辞林 第三版の解説

のりじ【乗り地・乗地】

浄瑠璃や歌舞伎で、乗り
のときの三味線の弾き方。
謡曲で、大ノリの謡。
調子付くこと。また、調子にのってしゃべるさま。 「川さんが-でその事をたのむから/洒落本・伊賀越増補合羽之竜」
乗り気。 「郷里では-になつて居た縁談/青春 風葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

乗り地・乗地の関連キーワード洒落本縁談

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android