コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乗り込み・乗込み のりこみ

大辞林 第三版の解説

のりこみ【乗り込み・乗込み】

乗り物に乗り込むこと。 「さあ-と云ふときに/福翁自伝 諭吉
昔の兵法で、敵陣に騎馬で乗り入れて敵を攪乱かくらんし、さっと引き揚げる戦法。
歌舞伎で、一座または俳優が、興行する劇場へ到着して挨拶あいさつを交わす行事。江戸時代、大坂では、江戸からの俳優を迎えて、派手な船乗り込みが行われた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

乗り込み・乗込みの関連キーワード船乗り込み福翁自伝兵法騎馬俳優攪乱敵陣

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android