コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙名百姓・長百姓 おとなびゃくしょう

大辞林 第三版の解説

おとなびゃくしょう【乙名百姓・長百姓】

室町・江戸時代、村落の有力な百姓。村政への発言権が強く、名主をこの層から出すところも少なくなかった。おさびゃくしょう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

乙名百姓・長百姓の関連キーワード江戸時代発言権百姓室町村政村落名主

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android