乙字ヶ滝(読み)おつじがたき

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕乙字ヶ滝(おつじがたき)


福島県中央部、郡山(こおりやま)盆地を流れる阿武隈(あぶくま)川の本流にかかる滝。落差は6mと小規模ながら、幅は約100mにも及ぶが、上流に堰があるため通常時の流量は少ない。「日本の滝百選」に選定。近くには松尾芭蕉(まつおばしょう)の句碑が建ち、北方約3kmに須賀川牡丹園(すかがわぼたんえん)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android