コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九代目市川団十郎 いちかわ だんじゅうろう

美術人名辞典の解説

九代目市川団十郎

幕末・明治の歌舞伎俳優。江戸生。本名堀越薫のち秀、初名河原崎長十郎、前名権十郎、権之助、俳名紫扇・三升・団洲等。七代目の五男。市村座座頭・河原崎座座主・新富座座頭・歌舞伎座主将を務める。あらゆる役をこなしたが時代物を得意とし、自ら創始した活歴劇腹芸はいまなお手本とされ、不世出の天才と称された。また文筆・絵を能くし、釣・骨董を好んだ。当り役は弁慶・道成寺等。明治36年(1903)歿、66才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

九代目市川団十郎の関連キーワード中村歌右衛門(五代目)中村吉右衛門(初代)七世市川中車袖ケ浦最中三升もなか

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九代目市川団十郎の関連情報