コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九大移転

1件 の用語解説(九大移転の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

九大移転

九州大のキャンパス移転計画が決まったのは91年。福岡市内外に分散したキャンパスの統合や、箱崎キャンパスの上空を通過する飛行機の騒音を避けることなどが目的。移転完了は19年度の予定。教養部などがある六本松キャンパスの機能は今年4月から、一部を除いて伊都キャンパスへ移される。六本松キャンパスは福岡市が跡地の利用方法を検討。南側約3ヘクタールには裁判所検察庁、弁護士会館といった法曹機能が集約されることになっている。北側約6・5ヘクタールは独立行政法人都市再生機構(UR)へ売却されることになり、学識者らが街づくりの方向性の検討を進めている。

(2009-03-08 朝日新聞 朝刊 週刊九州)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九大移転の関連キーワード南九州大学オープンキャンパスキャンパーキャンパス築地市場の移転計画六本松キャンパス米軍のグアム移転計画オンキャンパスオンキャンパス(On-Campus)Campus Tour

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone