コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九州ツーリズム大学

1件 の用語解説(九州ツーリズム大学の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

九州ツーリズム大学

熊本県小国町民の寄付金などを基金に96年に設立された財団法人「学びやの里」が97年9月に開校。目的は、(1)農山村で地域の資源を生かしてツーリズムを実践する担い手コーディネーターの育成(2)地域で求められるツーリズム関連の情報集約と発信(3)ツーリズムを展開する人たちのネットワークづくり。農的資源を基本にした「ツーリズム学科」(学科長、佐藤誠・熊本大教授)と、あらゆる地域資源を生かした交流ビジネスを追求する「観光まちづくり学科」(学科長、岡崎昌之・法政大教授)がある。いずれもツーリズムの事業化が主なテーマで、9月から翌年3月まで、毎月1回、2泊3日の日程で講義や実習を組む。「ツーリズム」という言葉は、旅、観光の意味を含め幅広い解釈がなされ、環境保護の観点からのエコツーリズム市街地のタウンツーリズムなどもある。

(2007-11-18 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

九州ツーリズム大学の関連情報