九州・沖縄作曲家協会

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

九州・沖縄作曲家協会

79年、大分県湯布院町(現由布市)に集まった九州・沖縄の作曲家8人が「南から新しい音楽の風を起こそう」と発起。翌年、九州・沖縄にゆかりのある作曲家17人が九州作曲家協会を創立し、06年に現在の名称に変えた。韓国・嶺南作曲家協会、中国・上海作曲家協会と03年に東アジア作曲家協会を設立した。80年から大分県を皮切りに九州現代音楽祭を各県持ち回りで毎年開催。03年からは東アジア国際現代音楽祭を日中韓の各国持ち回りで隔年で開催している。次回は来秋、大分県で開催予定。現在の会員は約60人。

(2009-04-19 朝日新聞 朝刊 週刊九州)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android