コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九州-パラオ海嶺 きゅうしゅうパラオかいれい

1件 の用語解説(九州-パラオ海嶺の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔県域外〕九州-パラオ海嶺(きゅうしゅうパラオかいれい)


九州南東岸の都井(とい)岬の南東沖から沖ノ鳥(おきのとり)島を経てカロリン諸島西部のパラオ諸島に達する海嶺。長さ約3000km。東側の四国海盆・西マリアナ海盆と西側のフィリピン海盆とを分ける。古い火山島弧が沈降したものといわれ、北部には駒橋(こまはし)第2海山(水深289m)・駒橋海山(同440m)などが連なる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九州-パラオ海嶺の関連キーワード都井岬モンクトン矢橋海豹島東南東南東南東風ハイアニスΠερισσάマーサスビニヤード

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

九州-パラオ海嶺の関連情報