コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九頭竜湖 くずりゅうこ

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕九頭竜湖(くずりゅうこ)


福井県北東部、九頭竜川上流の九頭竜ダムによってできた人造湖。九頭竜ダムは、1968年(昭和43)に完成した洪水調節・発電用ダムで、ロックフィル式(堤高128m、堤長355m、面積8.9km2、総貯水容量3億5300万m3)。ダムの地下に最大出力22万kWの長野発電所がある。湖畔(こはん)は新緑・紅葉の名所。北岸に鍾乳洞(しょうにゅうどう)の白馬(はくば)洞、オートキャンプ場などがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

九頭竜湖の関連キーワード九頭竜レイクサイドモビレージオートキャンパーズくずりゅう九頭竜スキー場福井県大野市和泉〈村〉両白山地越美南線奥越高原九頭竜線越美北線鍾乳洞油坂峠奥越

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九頭竜湖の関連情報