コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乱用的買収者

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

乱用的買収者

会社や株主の利益を損なう敵対的買収者。株式を買い占め、会社高値での買い取りを求める「グリーンメーラー」が典型的だ。TOBを行う際、初めの買い付け条件を有利に、次の条件を不利に設定し、初めの買収に応じないと不利益を被る状況を作り出して、株主に売り急がせる「二段階買収」という手法もある。ブルドックと争ったスティールについて、東京高裁は乱用的買収者と認定。最高裁は判断しなかった。

(2007-08-21 朝日新聞 朝刊 政策総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android