コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳児期栄養 にゅうじきえいよう

1件 の用語解説(乳児期栄養の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乳児期栄養
にゅうじきえいよう

生後1年間の乳児の栄養。出生直後から約6ヵ月の乳汁期と,固形物を主とする雑食への移行期である離乳期とに分れ,身体の基礎を築き,心理的な要求をも満たし,正しい食習慣をつけるという重大な意味をもっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乳児期栄養の関連キーワード弟見悪阻生後完全母乳人工栄養児公衆栄養士国家栄養計画新生児死亡率乳児死亡率フリード法則一時預かり保育の無料クーポン配布事業

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone