コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)

新生児や乳児を強く揺さぶる虐待で起きる。脳や視神経などが損傷し、失明身体障害の危険があるほか、死亡するケースもある。2002年から母子手帳には「赤ちゃんを強く揺さぶることは避けましょう」と明記され、今年3月には厚生労働省が注意喚起のDVDを全自治体に配った。同省の調査によると、2007年度に少なくとも乳幼児118人が被害に遭い、そのうち8人が死亡したという。

(2013-12-06 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)の関連キーワード新生児

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)の関連情報