コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)

1件 の用語解説(乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)

新生児や乳児を強く揺さぶる虐待で起きる。脳や視神経などが損傷し、失明や身体障害の危険があるほか、死亡するケースもある。2002年から母子手帳には「赤ちゃんを強く揺さぶることは避けましょう」と明記され、今年3月には厚生労働省が注意喚起のDVDを全自治体に配った。同省の調査によると、2007年度に少なくとも乳幼児118人が被害に遭い、そのうち8人が死亡したという。

(2013-12-06 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)の関連キーワード乳幼児揺さぶられ症候群がぶ・る揺さ振られっ子症候群揺さ振り揺さ振れる新生児下痢新生児死亡率低体重新生児揺さぶられっ子症候群揺さぶり戦法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)の関連情報