乳幼児突然死症候群(SIDS)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

乳幼児突然死症候群(SIDS)

厚生労働省が昨年公表した「SIDSに関するガイドライン」は「健康状態や既往症から予測できず、死亡状況や解剖からも原因が分からない、原則として1歳未満の子どもに突然死をもたらす症候群」と定義している。04年、SIDSが原因とされる死亡者は全国で232人。1歳未満の乳児の死因の第3位。原因ははっきりしない。

(2006-04-05 朝日新聞 朝刊 1社会)

乳幼児突然死症候群(SIDS)

厚生労働省によると、元気だった赤ちゃんが、窒息などではなく、睡眠中に突然亡くなってしまう原因不明の病気。6千~7千人に1人発症すると推定される。日本SIDS学会が06年に改訂した「診断手引き」では、発症年齢は原則1歳未満とされた。

(2016-09-03 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android