コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾式キャスク貯蔵 カンシキキャスクチョゾウ

デジタル大辞泉の解説

かんしきキャスク‐ちょぞう〔‐チヨザウ〕【乾式キャスク貯蔵】

原子力発電所から出る使用済み核燃料を貯蔵する方法の一つ。使用済み燃料をヘリウムガスとともに金属製の円筒容器(キャスク)に封入し、コンクリート製の建物内に貯蔵する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

乾式キャスク貯蔵の関連キーワード原子力発電所