コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾癬(かんせん)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

乾癬(かんせん)

皮膚に赤い発疹ができ、表面が「かさぶた」のようにはがれ落ちる皮膚病で、完治療法は見つかっていない。体質と、ストレス食生活などの環境が重なり合って発症すると考えられるが、感染はしない。

(2006-11-11 朝日新聞 朝刊 2道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

乾癬(かんせん)の関連キーワード体部白癬(斑状小水疱性白癬/たむし/ぜにたむし)皮膚の変化をもたらす病気(デルマドローム)ステロイド外用剤の使い方と副作用頭部浅在性白癬(しらくも)紅皮症(剥奪性皮膚炎)皮膚のしくみとはたらきぶどう膜の病気の原因エネルギー変換用色素紅皮症のおもな原因膠原病の皮膚症状メトトレキサートライター症候群扁桃病巣感染症ケーブナー現象ターメリック乾癬性関節炎爪の色の異常掌蹠膿疱症菌状息肉症爪甲剥離症

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乾癬(かんせん)の関連情報