乾貞恕(読み)いぬい ていじょ

美術人名辞典の解説

乾貞恕

江戸前期の俳人。越前敦賀生。名は重次、薙髪して貞恕と改む。通称次(二・治)郎兵衛、一嚢軒と号し、姓は犬井とも。安原貞室の門に入り花の本三世を継ぐ。敦賀に住し京都に移住す、大津にありし時逢坂山に俳関を構え数十人の俗俳を集め諸国行脚を呼寄せて接待する。『謡曲拾葉抄』の著あり。元禄15年(1702)歿、75才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android