コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾貞恕 いぬい ていじょ

1件 の用語解説(乾貞恕の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

乾貞恕

江戸前期の俳人。越前敦賀生。名は重次、薙髪して貞恕と改む。通称次(二・治)郎兵衛、一嚢軒と号し、姓は犬井とも。安原貞室の門に入り花の本三世を継ぐ。敦賀に住し京都に移住す、大津にありし時逢坂山に俳関を構え数十人の俗俳を集め諸国行脚を呼寄せて接待する。『謡曲拾葉抄』の著あり。元禄15年(1702)歿、75才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乾貞恕の関連キーワード浅見左逸阿形但秀尼坂好道半井和年立圃犬井貞恕伊吹東恕笠井魚路馬淵宗畔

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone