コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀井東渓

美術人名辞典の解説

亀井東渓

江戸中・後期の黄檗宗の僧。長崎福済寺塔頭紫雲院第四代住持、のち福済寺監寺。祖関は道号、法諱は円密。大鵬正鯤の弟子で、師の画法を受け継ぎ墨竹図を能くする。文政5年(1822)寂、84才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android